読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春の孤島にて

同じ距離で輝いて 同じ夢を見て

素敵な夢の続きを


『なにわ侍 ハローTOKYO!!』を久々に見返した。

最初に見た時と、未だに同じところで泣ける自分がいる。
必ずかみしげのシーンと、『その先へ・・・』の神ちゃんが出てくるシーンで泣く。これだけ書くと、神ちゃんが私の泣けるツボのように聞こえるが、実際そうなのだからしょうがない。このDVDは神ちゃんで泣く、私の場合。


もう2年か。まだ2年か。
見返していると、あの時から7人ともカッコいいし、確かな実力の下デビューしたのだなと思える。彼らが入所から積み上げてきたキャリアは、彼らを裏切らなかった。

そして今の彼らは、デビュー当時から確実に成長している。
そりゃあ2年経ってるんだから成長しない方がおかしいんだけど、下積みが長かった分だけ、Jr.時代に伸びしろを使い切っていても不思議じゃない。何しろ彼らは関西Jr.の最前線にいた人間。常に自分たちの力を惜しみなく出してきた。
それでもここに来て、まだ彼らは成長を続ける。普通に考えて、すごいことだと思う。やっと掴んだデビューに甘んじることなく、前に進んでいる。

これ以上の下積みなんていらない。
今すぐトップスピードに乗れる。
そんな気迫さえ感じる。
まだまだまだまだ上には上がいる、そんなこともわかっているだろう。
だからこそ走り続ける。


『なにわ侍 ハローTOKYO‼︎』には、"てっぺん"という言葉がたくさん出てくる。
「てっぺん目指すぞ!」
「てっぺん狙えるぞ!」
「てっぺん獲りたいんやろ!?」
あぁ、いつか獲れるよ。
君たちなら、必ず。
私だって、君たちと素敵な夢をいつまでも見てたいんだから。
2年前の今日、叶った素敵な夢の続きを。

ジャニーズWEST 2nd Anniversary
2014.02.05 - 2016.02.05