読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春の孤島にて

同じ距離で輝いて 同じ夢を見て

あの頃のメロディー

独り言 AKB48


私がAKB48のファンになったのは、大ブレイクを果たした2010年だった。
きっかけは相葉さんのラジオを聴き始めたこと。地元では『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』の後が『AKB48オールナイトニッポン』だったため、そのままの流れで聴いていた。最初は顔も知らない女の子たちがキャッキャ喋っているのをただ聴いていただけだったのに、時々いる話が達者な子のことが気になり、ネットでAKBを調べ始め、YouTubeの公式チャンネルでPVを見漁った。そうしているうちにほとんどのメンバーの見分けがつくようになり、劇場公演・握手会・正規メンと研究生などのシステムも把握。程なく日々ネットで情報を得る、立派な在宅ヲタになった*1。周りも有名なメンバーとヘビロテくらいは誰でも知っているので、しょっちゅうAKBの話で盛り上がったが、私の知識は田舎の小学生にしては異常な多さだった。"好きなものはとことん調べて知り尽くしたい"という私の性格が初めて発揮されたのはこの時で、この頃の情報摂取量は私の人生で一番多かったかもしれない。それくらいAKB48に入れ込んでいた。

圧倒的な物語の多さ。それがAKB48を好きになった理由だと思う。デビューから現在までの歴史×人数。遡っても遡ってもまだ読み切れない。読み切ったと思っても、常に新しい歴史がどこかで生まれていく。干されの推しがPVに映った時や、推しのセンター曲が出来た時には狂喜乱舞し、推しが卒業発表した時は、この世の終わりかのように泣いた*2。ファンになってからのこの5年間、私は常にAKBと共にあり、延々と物語を読み続けた。


今年2月10日、チームAの新公演『M.T.に捧ぐ』が初日を迎えた。半分以上のメンバーが初のオリジナル公演という中、新キャプテン・横山由依が新時代の始まりを宣言する。あぁ、始まったんだと思った。あの人のいない時代が。それが悲しいのか、寂しいのか、不安なのか、わからない。わからないけど、もう時代は始まっているから、進むしかない。いつからかAKB48は、私が好きだったAKB48ではなくなってしまった。そうしてファンを辞めた人もいるだろう。それは仕方ない。変わらないものなんてこの世に存在しないのだから。それでも時々はAKB48を名乗る彼女たちが好きだった頃を思い出す。AKB48を名乗る彼女たちが歌った歌を思い出す。

こんなメロディー メロディー
きっとどこかで君だって・・・
口ずさむだろう
いつの日にかあの頃のメロディー

物語は、まだ終わっていない。


*1:ここは現在も変わらずである

*2:デビュー当時から推していた子が卒業した時は本当に死ぬほど泣いた