読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春の孤島にて

同じ距離で輝いて 同じ夢を見て

DVD『ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ』

独り言 ジャニーズ CD/DVD


オーラス終了から1年が過ぎようとする今、ようやくこの『ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ』がDVD&Blu-rayとして発売された。正直待ちすぎて後1ヶ月くらいは余裕で待てそうな気もするが、フラゲ日にはいそいそと予約物を買い取りに行くあたりが立派なジャニヲタだった。そして一緒に買ったのが漢検問題集とシャー芯とルーズリーフなあたりが立派なジャニヲタ高校生でもあった。そんな学業と趣味事両立してますよアピール過剰な私がお送りする雑感↓


ステージセット
DVDを見て一番最初に思ったのはセンターステージがメインステージというセットが、私の大好きなNEWSの10周年ライブと一緒だということ。NEWSはドームだったが、360°ステージが神がかり的に成功したコンサートだったので、その感動がWESTにも!と1人で盛り上がっていた。セット一つで沸けるチョロいヲタクです。360°ステージは全方位に見せ方を考えなければいけないから難しいけど、演出がハマれば最高にカッコいいから好き、というかそれに早くも挑戦する姿勢が最早カッコいい。

神戸ワールド記念ホール
ツアーが映像化されるとなると、主に東京公演ないし現在のWESTのツアー規模を考えると横浜アリーナでの公演が収録されそうだが、今回はオーラスとなった神戸公演が収録された。普段煽りは「東京!声出せ!」とか「東京の皆さん、お手を拝借!」*1というのが当たり前になった在宅ヲタは、今回の神戸煽り(?)がとても新鮮だった。それと横浜公演を収録した『一発めぇぇぇぇぇぇぇ!』を何度も見ていたお陰で、神戸ワールド記念ホールの狭さとお客さんとの近さに恐れ慄いた。スタンド近すぎじゃね?あれは絶対後ろの方も見えてるよ。

演出
最初に「おおっ!」と思ったのは『夢を抱きしめて』のイントロで、暗転した後ライトが点くとメンバーがいるステージの床に赤いライトが当てられていて、さながら赤い絨毯の上で踊っているように見えたところ。あのカッコいいけどクソ暑そうな黒い衣装のシルエットも相まって、とても絵になるライティングだった。
演出を凝って楽曲との相乗効果を得られたのは『キミコイ』。あれはいつから中間テーマソングになったのですか?というか誰ですか淳太くんがおじさんだって言ったの*2!!!あんな可愛いおじさんいたら結構ヤバいよ、職質されてそのまま警察署に連れて行かれるよ*3!確かに普通に歌って踊ってだとあんまり印象に残らなそうだから、ミュージカル風にしたのは正解。まさに目からウロコ。

関西Jr.
ちゃんと自分たちの出番があって、毎回挨拶で名前を呼んでくれる先輩が誇りだろうなと思う。とにかくジーコ向井康二くん)が本編・ドキュメント通して健気で、私は塩麹より向井康二の方が好きです。塩麹食べたことないけど。気になる関西Jr.は大橋和也くん。あの子、高畑充希ちゃんに似てません?どういう子かは知らないけどとても気になる。ちび流星(大西流星くん*4)も早く全公演回れるようになるといいね。関西Jr.にはいろいろ思うことがあって、軽率に語ったりはできないけれど、みんなの夢が少しでも報われればいいなと、WESTがJr.だった頃のようには応援できないけれど、ぼんやりとでも関西Jr.のことを、あの頃の仲間たちのことを想っています。

ツッコみたいところ
・序盤からコールし手振りをし腕を回し、怒涛の盛り上げでハイカロリーなセトリ。みんな汗だく。全員風呂入って来た?レベル。末っ子頑張ってる。
・パリピポくんとお話しする映像で、照史くんが食べてるメロンパンめっちゃ美味しそう。それとパリピポくんが喋ってるからか生身の方の濵ちゃんが全然喋らないし喋ったらしどろもどろで笑った。
『Mambo de WEST!』で一生懸命大量のフラフープ抱えてテコテコ歩く神ちゃんんん( ´ д` ) カワイイ......
・一応ブログ書くようにメモ取りながら見てたんだけど『アカンLOVE〜純情愛やで〜』になったらとりあえずペンとノート放り投げてパラパラ踊ったよね。「ボンボンキュッボンボンキュッボン!ダイナマイト!」言う淳太くん微妙に引かれてて笑う。
・まあ知ってたけどね。知ってはいたけど『PARTY MANIACS』の流星くん、マジ軽率にキュンキュン、いやギュンギュンしてしまった。
『for now and forever』やってくれてありがとう。一発めぇで見れなかった想いが報われた。
・アンコール最後の時、みんなの綺麗な顔に流れる汗が涙に見えてすごくドキッとした。本当に綺麗だった。
・おしげちゃんの挨拶は、この人の指し示す方に向かっていけば安心できると思わせる何かがある。誠実な熱さ。
・ドキュメントでエイト兄さんからのメールの話をしている時の濵ちゃん、本当にデビューできてよかったって203回目くらいだけど思いました。


デビュー2年目からの1年は、全て思い出すのも一苦労なほど充実していたし、今思えばあの頃に現在のこの活躍のスタートを切ったのだ。。このツアーにかける想いや気合いがスタートを切る力に変わり始め、実際に彼らは休むことなく走り続け、2回目のツアーも無事成功を収めて3年目を迎えた。誰もいない道をいの一番に走り出したのは他でもない彼らだ。その背中を押す風が、いつでも暖かいものでありますように。本編見て、ドキュメントで裏側見て、それからもう一回本編見ても、見終わった後に思うのはやっぱり「あー楽しかった!!!」なコンサートでした。

そして今年中にラキセコンが円盤化されることを超超超期待してるわ( ^ω^ )♡


*1:嵐さんのことを言っています。そういえばNEWSはこういう煽りするイメージない

*2:私の担当グループです

*3:意:犯罪レベルで可愛い

*4:ちび言ってるけどもう私より背高い