青春の孤島にて

同じ距離で輝いて 同じ夢を見て

『タッキーの滝沢電波城』4/22,29,5/6 ゲスト:Snow Man

 
私はラジオという媒体が好きだ。テレビや雑誌のように画があるわけではないから、ビジュアルが少なからず要されるアイドルという職業には不向きなものかもしれない。しかし、その人の声だけを頼りに何かを受け取るという、どことなく秘めやかなシチュエーションはラジオという媒体にしか存在しない。

一人で黙々と喋り続ける番組。リスナーへのレスポンス重視の番組。出演者同士や放送作家さんとのお喋りを公式に垂れ流す番組。番組によってその形式は様々だが、私はどの形式を採っていても、ラジオでしか見せないパーソナリティーの一面があると思っている。そして番組が長く続けば続くほどその面は濃くなっていく。テレビの中にいる二宮和也しか知らない人は、まさか彼が自身のラジオで一生懸命「185階に住んでいる」「家の中はセグウェイで移動している」という嘘()を1年くらい吐き続けているだなんて知る由もないだろう。これをさも真実であるかのようにサラッと口にするのがラジオだけに見せる二宮和也の顔である。


話すことの真偽は置いておいてラジオはその性質上、テレビでは喋らない話や雑誌などでは訊かれないような質問に答えてくれたりするので、少しでもその対象の内面について知りたいタイプのヲタク(私)には最適なツールなのである。どんな人でもまず普段の、見られることを気にしていないただ喋っているだけの声を聴きたいし、ついでにどんな声質でとか、どんな声色でとか、どんな速さでとか、どんな言い回しでとか、そんな些細なことも知りたいし、それを知るにはラジオが一番向いている。だから私はラジオという媒体が好きなのだ。



そんな私の大好きなラジオに、今最も私の知的好奇心をくすぐっているSnow Manが出るというので、久々にウハウハ気分でradikoを起動した。全3週、亀と山Pのボク運リアタイを蹴って(ここ重要)聴いた感想。


やはり舞台に立ち続けているだけあって発声がいいんだろうなと思う。ふかちゃんや佐久間くんは単純に声がデカいわけじゃなくて、通りやすい声だからよく聞こえてくるのか、ということにも気づいた。ニノの話をしておいてアレだけども、こういう場でちゃんとハキハキ喋れる人好き*1
相変わらずth行かましてくるなべちゃんとか、ワードセンス秀逸な阿部くんとか、いちいちうるさい(褒めてる)ふかさくとか、ええ声~なみやちゃんとか、笑い方がやったら可愛い岩本くんとか、ただただお喋りしてる"すのちゃん"がとにかく可愛くて愛おしくて。私は喋っている声を聴いているだけで「好き」を更新できるらしい。省エネ万歳。元々好きな人だから結果論なのかもしれないけれど、6人の声がそれぞれ好きだ。また一つSnow Manを好きな理由が増えた。


ただ話しただけでタッキーが「阿部さんやっぱ頭いいですね」と言うくらいには、阿部くんの喋り方には頭の良さが滲み出ているのだけど、それはちゃんと頭の中で話を組み立ててから話し出すからなのだと思う。逆を言えば組み立ててからじゃないと話し出せない。「今から僕が喋ります!」という状況であればあるほど。そういう時の話ぶりは最早アナウンサーである。
その分ボソッと口に出す一言がなんかめちゃくちゃ面白い。佐久間くんの「健くんを連れ出してお風呂に行く」という話からまさか「軽い誘拐」という言葉が出てくるなんて誰も思っていなかった。ちょっとニノっぽい返しで私の中の二宮担がサンシャイン池崎並みに滾り出したナイス語録。つくづく阿部くんは私のツボを押してくるのでしんどい。ところで22日放送回の直前に流れたCMで阿部くん、「あでです」って名乗ってなかった?私の耳が悪かったのか?


その阿部くんの逆を行くのが渡辺くんだと思った。言いたいことは十分わかるけど、話としては組み立てられてないのが渡辺くんの話し方(すまぬ)。これは恐らく「これを言おう」というキーワードだけ頭に置いて話し出してるからなのだと思う。雑誌のインタビューとかめちゃくちゃ校正されてそう(すまぬ)。
その代わり瞬発力があって、言葉選びとか言い回しが独特で面白いのが渡辺くんの話の魅力かなと。圧倒的に雑談向き。ツッコミという自分の役割もよくわかってやってるし、この自前のセンスを駆使して喋ってる感じ、私は嫌いじゃない。なんか上からでごめん。なべちゃんのお話もっと聴きたいと思った。今回の優勝は「thぇんぱい」かな。なべちゃん「せ」が苦手ね。


あと急に内容に触れるけど突然「ねぇ窓開けてみて!カラスがいる!」のみやちゃんね。きっと疲れてたんだよ、みやちゃんも。カラスがいるからなんなんだよ......一体そこから何をどう展開しようとしたんだよ......あゝ愛おしきすっとこどっこい............



気心知れた先輩とのラジオだからこその緊張と緩和が混じり合った感じとか、「起」をパスして貰ってなんとか「承転結」を展開しようとしてる感じとか、もっとラジオ慣れして自分たちの番組を持ったらどうなるのかなと想像してしまった。どんな仕事も嬉しいけれど、Snow Manにラジオが決まったら多分この世で一番喜ぶと思う。歌ってるSnow Manも、踊ってるSnow Manも、アクロバットしてるSnow Manも、ワチャワチャしてるSnow Manも全部好きだけど、ラジオでただただお喋りしてるSnow Manは特別好きだ。これは恐らくただお喋りしてるだけのSnow Manがまだまだ全然足りないからなんだと思う。お喋りしてるだけのSnow Manが足りないから欲してるし、今はまだそんな"すのちゃん"が特別なんだ。


いつか当たり前のようにラジオでお喋りしてるSnow Manがいればいいなと思う。ひたすらボソボソ喋るだけでもいいし、メール職人との応酬でもいいし、スタッフさんとの会話でもいい。何でもいいからお喋りしてるSnow Manがもっと欲しい。それはきっと、もっと彼らのリアルタイムな内面を知りたいからなんだろう。どんな声質でとか、どんな声色でとか、どんな速さでとか、どんな言い回しでとか、そんな些細なことをもっと積み重ねて好きになりたいから。それを知るにはラジオが最適なのだ。ラジオ最高。3週も出演させてくれたタッキーには感謝してもしきれない。残りの滝沢歌舞伎、無事に千秋楽の幕が降りることを祈っています。

因みに次回ははやっしーとるーたくんのしょーたりゅーたコンビがゲストらしいっすよ(ボソッ)。もちろんボク運蹴って聴きます。


*1:ニノもボソボソ喋るのは1人でやってるラジオだけだし、声質的にボソボソ喋ってもちゃんと聞き取れるからそれはそれでいい←