青春の孤島にて

晴れてるだけじゃ 愛に気づかないのだろう

君たちを選んで正解だったよ -ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man単独公演-


行って参りました横アリ単独。私にとっての初Snow Man現場が奇しくもSnow Manにとっても記念すべき公演になるとは、好きになった時は全く想像してなかったので、ただただ自分の運の良さに自分でビックリしています。

元々Jr.担だけにはならない!と思いながら生きてたのに気づいたらすの担になってるっていうこの現状は個人的大失態なわけで、だから現場はデビューするまで行くつもりなかったんです。キントレにグッズ買いに行った時もペンラだけは買わなかったくらい(後に物凄く後悔することになる)。次またJr.祭りあるとしてもどうせ合同だろうしなと思ってたし、去年初めて行けたWESTとNEWSは好きになってから4,5年くらい経ってようやく行ってるので、ファン歴1年半とかまだ全然早いと自分では思ってて。

だから開催の発表があった時は一瞬迷ったんですけど、やっぱり初アリーナ単独公演の文言に負けて3月25日夜公演を一本釣りしました。好きになってまだ日の浅い私が烏滸がましいのですけど、Snow Manにとっての初アリーナ単独公演は一生に一度だと思ったら、絶対にこの目でSnow Manの一生に一度を見たくて。その思いだけで横浜アリーナに向かいました。



初めて見るSnow Manのための横浜アリーナは、カラフルなペンラの海が綺麗で、クリスマスツリーみたいだなと思った(笑)。でもちゃんとソロの時はそのメンバーの色に染められるし、新曲の時は一瞬で真っ白になったし、みやちゃんバースデーサプライズの時はペンラ何色でもいいよって書いてあったのにちゃんと真っ赤な「オメデトウ!!」になってたし。すのとすの担っていい関係なんだなって、あの場にいながら思いました。何年もやって来てるからこその関係なんだなって。何回見ても生のペンラの海は映像より何倍も綺麗で、この景色は全部Snow Manのためのものだー!って暗転した時からもう感動してました。

どのライブ前も大体謎の緊張に襲われてずっと吐きそう吐きそうって言ってるタイプの人間なんですけど今回は特に酷くて、横アリに向かいながら内心ずっと行きたくないって思ってたし、席に着いてからも同行してくれた親友に帰りたい帰りたい言ってて(「じゃあいいよ、帰る?」って言われた泣)。ライブは見たいけど終わっちゃうのが嫌だから永遠に始まらないでほしいとまで思うくらいぐちゃぐちゃな感情のまま行ってしまったから、最初に6人を乗せたセリが上がって来た時は苦しすぎてこのまま心臓捻り潰されて死ぬんじゃないかってリアルに生命の危機を感じた。出て来ただけで人殺せそうになるアイドル凄い。


結局帰らなかったけど(当たり前だ)、何だかんだ心臓は2時間ずっと苦しくて、その理由はSnow Manが本気すぎたから。全員もう10年以上この立場でやって来てるのは知ってるから解ってたつもりだったけど、6人がSnow Manとしてこのフィールドで闘い続けていく覚悟があることを今回改めて感じました。

今までの単独公演を見てると、きっと明確な一つのコンセプトに沿った構成にも出来たと思うんです。でもとにかくこの一回に今持ってる全てを懸けてやる!っていう気概だけであの構成を堂々とやり切ったのは、素直に凄い人たちだなと。担当の贔屓目だとしてもね。たった一回だから出来たのかなとも思う。

やりたいことをやるって、とっかかりは簡単だからこそいい方に作用させるのは結構難しいことだと思っているんですけど、Snow Manはそこを上手くコントロール出来る人たちっていうのは自信持っていいところなのかなと今回入ってみて思いました。ジャニーズにいて出来ることは一通りやって来た王道さもあるし、アクロバットとか強すぎる各々の個性みたいな斬新さもある。すのっておもちゃ箱通り越してト◯ザらスひっくり返したような面白さあるじゃないですか(?)。どれだけ王道で攻めても文句つけられないパフォーマンス力も、どんどん予想を裏切って来る手札の多さも、伊達に10何年やってきてないよなと最近ひしひし思います。何やってもやりこなす力があるから、やりたいこと片っ端からやってもブレがあるように見えない。散々実力派とは言われて来たけど、本当の意味の実力ってこういうことを言うんだなって思いました。



ひぃちゃん、いや、岩本くんの『アンダルシアに憧れて』は本当に見入っちゃって思わず「カッコいい、、、」って声に出てた。初の横アリ単独でソロやるってなってアンダルシア選べる人なんて、そしてそれをやりきる人なんてまずいないだろうよ。やってることと言えばシンプルに歌って踊ってるだけなんだけど、たったそれだけであんなに感動できるって、一体何なんだろうか。岩本くんのソロは全然予想がつかなかったから、壁宙も含めてある意味一番衝撃を受けたナンバーだったかもしれないです。気づいたら横アリ中真っ黄色だし、自担は出てくるしで後半はオロオロが止まらなかった(だてあべもまぁ凄かった)。その後のMCで壁宙について「壁見ると登り切っちゃう癖がある」つってSASUKEのクリアボタン押すとこと、お着替え後にあべさくでイチャつかれて拗ねてるとこは完全なるひぃちゃんで頭大混乱でしたけど。あとなにあの卍ポーズ。あんなカワイイ卍見たことないんだけど。


みやちゃんはMCで何喋っても絶対ウケてるからもはや怖さすら覚えるくらいだったんだけど(最&高)、亀ちゃんからのサプライズメッセージに言葉を失うみやちゃんはちゃんと人間で、愛おしみ溢れるとっても可愛い人だった。いや、そんなことは前から知ってたけど、その前のソロからの流れがあってあのお誕生日サプライズだったから、ひぃちゃん同様落差が凄くて。横アリ前は誕生日が被ってることに対してずっと気まずいって言ってたけどどうかな、しあわせになってくれたかな??私はお誕生日公演も初めてだったのでサプライズってちゃんと成功すんのかなとか思ってたけど、あんなに心温まるものだとは。嬉しそうに準備した報告するメンバーも可愛かったし、持ってる男に付いて来てこちらサイドは本当によかったです。全部最後の亀ちゃんに持ってかれた感はあるけど(笑)。そりゃ自担からお祝いメッセージ来たらああなるよね。わかるよ。改めて25歳のお誕生日おめでとう!

ソロの話をすると、みやちゃんのことだから横アリで一発やりよるなとは思ってたけど、想像の5億倍はヤバかった。R-18どころの話ではない。実を言うとああたぶんこれ見ちゃいけないやつだと思ってちょいちょい自主規制してました←。みやちゃん一人でもお腹いっぱいなのに全員連れてくるんだもん!!そりゃないぜ...... もう真正面からエロさ最大出力で横アリ爆発するとこだった。マジで見てない人見てって言いたいとこだけど、あれは危ない。危険薬物。センステ付近だった人たち息してる???


一番好きなダンサーを訊かれたら迷わず佐久間くんって答えるくらい、私は佐久間くんのダンスが大好きです。Snow Manを好きになって映像を見て行く中で佐久間くんってこんなにすごい人だったのかと気づいてからは、もうずっと佐久間くんのダンスの虜。だからライブはカメラ割りに左右されないで好きなだけ佐久間くんのダンスを堪能できることを楽しみにしていました。いたんですけど。自分が結構自担ロックオンするタイプのヲタクだって知らなかった......(意:阿部くんばっかり見てた) 本当に唯一の心残りと言ってもいいくらい、もったいないことしたなーって思ってます。言い訳すると席がアリーナEブロだったのでちょうど手前に阿部くんがいることが多かったんですよ。ダンサーとしては一番好きだけど、自担には勝てなかったゴメン。けどウインドミル見れたから充分だと思っておきます。あんな暗闇でやってる人見たことないけど(笑)。ヲタ芸は超楽しかったです。


なべちゃんはなんか終始楽しそうでした(笑)。アリーナだったのでファンサタイムはモニターをよく見てたんですけど、3発くらいなべちゃんの投げチュー喰らった気がする。あとモニターにアップで抜かれた時やっぱこの人くっそイケメンだわって当たり前のことを何回か思った。千賀さんとの絡みであんなに盛り上がってた横アリを一瞬で静寂に変えたところは流石でしたけど(しかも一回忘れてやり直してる笑)。そして合同でなべちゃんが歌メンだということが他担の方々にも知れ渡ったみたいなので言っておくと、なべちゃんのソロむっちゃよかったです。知らない曲だったので原曲と比較しないでただただなべボイスを堪能できたのもラッキーだった。なべちゃんの声って不思議なんですよね。心地いいけどなんか不思議な声だなって思う。上手く言葉で説明できないのが悔しい...... でもあの箱の中いっぱいになべちゃんの声だけが響き渡ってるの至福だった~。


阿部くんのソロは、ある時ふと『T.A.B.O.O.』やりそうだなって思って、結果その通りにあの人『T.A.B.O.O.』やりよったんですよ。まんまと腰抜けたよね!!みやちゃんソロが先にあったからこれどう来る?ってちょっと不安になったんだけど(希望は捨ててない)、みやちゃんがやるのとはわけが違った。あの、曲のコンセプトも相まってイケナイことしてる感が凄かったです(語彙)。って自担の『T.A.B.O.O.』デビューをまともに喰らって瀕死な自分と、もう一人「前からやりたいって言ってた曲できてよかったね~( ; ; )」っていう自分もいて、一体どの目線なんだろうかと。そのやりたいけどやらなかった理由が「まだその域に達していない」みたいなことらしくて、やっとやってみようと思えるくらい自信ついたんだなと思ったらあの曲で感慨に浸ってた()。本家意識なのかちゃんと赤ジャケット着てたし。阿部くんの言動には必ず強い意志と意図があると思って見てるので、当たってたらこれ幸いです。ダァ〜!もっかい見てえええ〜!!!


ふかちゃんは物凄い気ぃ遣いで、求められてることへの対応力は抜群にあるけど周りに合わせすぎたりもして、それがふかちゃんのいいところでありSnow Manにとって必要な要素なんだけど、時々辛くないのかなって思う。もっと自分のことを考えなよって。でも今回ふかちゃんのソロ見て、キャラブレしてるふかちゃんが結局は好きなんだなと思いました。面白いもカッコいいもどっちもやろうよ。どっちのふかちゃんも最高だよ。タイムリーにABOでキャラ定まってないっていう自虐あったし(笑)。すの担くらいにはふっかはカッコいい人って思ってもらっててもいいよね。好きになった当初はなんてふわふわしてる人なんだ!とか思ってたこともあったけど、この人がいるからSnow Manが上手く回っていることを改めて実感した2時間でした。あべふか案件も多かったしね~。『勇気100%』のアレはあべさんの変わらなさとふかちゃんの激変ぶりが超あべふか(?)。



Snow Manを好きになってからの日々はとても楽しくて、些細なことが大きな喜びで、何でもないただの日常にたくさんの幸せを運んで来てくれた彼らのことが本当に大好きです。

だけど。それは事実なんだけど、正直ずっと楽しかったわけじゃなくて、ひたすら悔しさに苛まれたこともあった。私はその度に「何でこの子たちを、Snow Manを好きになってしまったんだろう」と思っていました。こんなに苦しいなら、好きになんかなるんじゃなかったって、本気で後悔した時もあった。


2016年の秋に、突然好きになりました。夢に阿部くんが出て来たあの日から、私はずっとどこかが変なんだと思う。
その夢、スタンドトロッコに乗った阿部くんを見上げてたらファンサされたっていう、たったそれだけなんだけど、夢から覚めてもずっとその光景が目に焼き付いていて、何なら未だに思い出せる数少ない夢のひとつで。雷に打たれるってこういうことを言うんだろう。1年半前、阿部くんという雷に、夢の中で打たれました。

雷に打たれたから問答無用で阿部くんもSnow Manも好きで、それだけで毎日楽しかったけど、ただ彼らが好きなだけなのになんでこんなに悔しい思いをしなきゃいけないんだろうと思うことも同じくらいあって、勝手に辛くなってた。私が未熟だからアイドルっていう大好きな人たちから力を貰って日々を生きてるんだと思ってるから、そのアイドルの方の未熟さを許容できる器が私にはなかった。世界一受け入れたい人たちを受け入れ切れてない自分がずっといて、それがいちばん辛いことだった。


それもこの1年くらいで気にならなくはなったけど、たぶん心のどこかでSnow Manのファンでいることの限界を感じてはいたんだと思う。きっといつか心が折れてしまう時が来る。あらかじめそう思ってないとこれからが怖くてしょうがなくて。でも、彼らには私が知る由もないこれまでを経て今まだここにいることを選んでる意地がある。それだけは信じてみようとライブに入ってようやく決心がついて、迷ったけどやっぱり単独行ってよかったと心底思いました。

決心がついたのはやっぱり新曲のお陰。新曲があるとか全く頭になくて、それだけでももう十分なのに、もう歌詞見てたら涙止まらなくて。今までのオリジナル曲って結構向こう(曲の主人公であったりすの自身であったり)が優位と取れる歌詞が多かったけど、今回の『Snow Dream』だけは等身大の言葉が並べられてて、このタイミングでそういう曲を持って来るとか完全に泣かせに来てんじゃん(怒)って泣きながらちょっとキレた(笑)。それくらいSnow Manの想いを曲として聞けて嬉しかった。


私は別に6人を強い人たちとは思ってないけど、たぶん自分たちの弱さをいろんな武器を手にすることで誤魔化したいんだな、強くありたいんだなっていうことは感じてて、だからこうして改めて全てを曝け出されると、もう白旗揚げるしかないんですよ。そもそも好きになった方が負けなんだから。ほぼ泣き落とし同然だけど、強くあろうとしてる人たちが絞り出した精一杯の泣き言が「もう少し側にいて」なら、じゃあずっと側にいさせてねってしか言えないじゃん。負けだよ、負け。もう後悔しないで言う、Snow Manを好きでよかったです。



私は6人を、Snow Manを誇りに思う。どんなに苦しい時でも諦めずにステージに立ち続けてきた彼らを、見えないこの先を恐れず切り拓いていく彼らを、光り輝くSnow Manを、誇りに思う。普段はふわふわしてるけど、その中には泥臭い意地がある、そんなところが誰よりも愛おしいんです。

企画一本目をステージに立つアイドルのSnow Manで始めてくれるとこ、大好きです。

Snow Man「ZIG ZAG LOVE」【自撮り】「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ
やっぱり、Snow Manを選んで正解だった。


因みに阿部くんに堕ちたあの夢とほぼ同じ映像がライブで繰り広げられて、いよいよ私預言者になったんだなと思いました。細かく言うと夢は2階スタンドだったけど、実際の席は1階スタンドだったんでまあまあ距離あったし、ファンサされたわけでもないけど。ただ夢の中で見た阿部くんの笑顔を1年半越しにこの目で見て、人生とは摩訶不思議なことが起こるものだなと。やっぱあの夢は何かのお告げだったんだなぁ。

神様、Snow Manに出逢わせてくれてありがとう。私はしあわせです。

そしてあべくん、大学院卒業おめでとう。あなたはアイドルとしても、人としても、世界一カッコいい自担です。長い長い両立生活お疲れ様でした。院卒アイドルの活躍、楽しみにしてます!!